カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問頂きたいリンク

同盟バナー緑枠動画

Fur-Free.com

うさぎはおもちゃじゃない!

リンク

 ※このブログをリンクに追加する※

RSSフィード

QRコード

QRコード

プロフィール

Mai

Author:Mai
1972年生まれ。大阪在住。
会社員&NetShop運営・管理もしてる
けど、実は!ただのオバチャン(T▽T)
このブログのTitleはSHOP名のB面?
の略です。むにびーと読んで下さい♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter ( from070111_pm16:00 )

 

No. of readers

   Free Counter

私に取っては重いテーマ...かな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ボランティア初参加レポ
2006年10月6日(金)、7日(土) まずは、2日間だけですが、行って来ました。
“広島ドッグぱーく” へ。。 自分で言うのもナンですが、私34年間生きて来て、
それなりに修羅場もくぐって来たし、ソコソコ度胸もあるつもりでした。

だけど、実際に行ってお手伝いをして来たら。。。 全てが想像以上でした。

久しぶりに受けた大きなショック。衝撃的な事実がそこにありました。私が感じた事や
見た事をどこまで文章に出来るか判りませんが、、、大阪からボランティアに行きたいと
思う方の為にも、なるべく詳しく書いて行きたいと思っています。

初日は色々なコトが判らず、疑問も多く、受けたショックの方が大きかったです。でも
2日目には落ち着いて周りを見る事も出来、前日よりは効率よく作業もこなし、
アークエンジェルズのスタッフさんとも合間や帰宅前にお話出来ました。そのお陰で
自分の中で疑問に思っていた事も解消出来たし…2日間作業出来て本当に
良かったと思います。またすぐに行きたいキモチも重々あります。何せ遠方なので、
毎週行く!とは言えないのも事実ですが(TmT) 来月も参加したいと思っています。

これから参加される方は、1日より2日、2日より3日…という風に、可能であれば1日
でも多くボランティア参加された方が自分の為にも良いのではないかな?と思います。
(あくまでもボランティアなので、可能な範囲で良いとは思いますが)


私個人がダックス飼いの為、ダックスちゃん画像が多いのはご了承下さいm(_ _)m


***********************************************************************


2006年9月24日。アークエンジェルズさんのHP(現在はサーバーダウン中?)にて
本レスキューの事を知りました。この時点ではまだどこからレスキューしているのか、等
詳しい情報はUPされていなかったのですが、実は広島からのコだという噂を聞き、
慌てて自分の別ブログ等にも支援話をUP。。。 物資を送ったり支援金を振り
込んだり、個人的には何故かとても焦っていました。(オットが広島生まれ・広島育ち
と言う事で縁のある土地に感じていたせいもあると思います) 27日の時点でこれが
“広島ドッグぱーく”崩壊による大規模レスキューだという事が公になりました。

知り合いの方のブログ等にも詳しい話がUPされたり、mixiや、2ちゃんねる等色々な
掲示板にも話題に上り、、、色々な情報が交錯する中、何か言いようのない
もどかしさを感じていたんです。現地に行きたい。目で見たい。知りたい情報が沢山
ある。。 残されている500頭近いワンコ。。。ヒトとして、一番良いのは実際に里親
になって生涯大切に育ててあげるコトなんだと思います。。。だけど、我が家は
里親になる自信も資格もないし、迎えられる状況でもありません。。。

そんな私が手伝いなんて、偽善だ…と思われるかも知れませんが、もぅ理屈抜きで、
単なる興味本位とかではなく、何ていうか…とにかく、いてもたってもいられない!と
いう気持ちでした。大阪の団体が保護したんだから、大阪から手伝いに行くのも
可能だろう!と。ブリーダー崩壊とかヒドイ事件は世の中にまだ沢山あるし、今までも
保護団体さん等に足を運んで “個人で可能な範囲” での物資や資金支援とかは
して来た事はあるけど…実際に何か自分で手伝いたい!と迄思ったのは初めてです。

犬達は勿論のコト、ウサギもこの施設にはいたという話を聞いて、余計にそう感じて
いました。(私が飼っていたウサギは今は既に亡くなっていますが、犬と同じ位に
ウサギが好きな私です) でも。今も正直何でこんなに心が揺れるのかは判りません。


***********************************************************************


2006年10月5日(木)pm20:00 事前に連絡してあったアークエンジェルズさん大阪
本部へ。。広島に運ぶ物資(消毒薬等)を受け取って、車に積み込みました。
この日はニュースがNHKで放送された直後だったようで、本部内には電話が鳴り続
いていました。夜なのに、、と思うんだけど、ニュースで初めて知った方は多分気が気
じゃなかったんでしょうね。。ちょっとだけそのキモチも判る気が。。。(私も最初知った
時は驚いて色々な情報を拾えないかとネットで検索しまくりましたもの。。。)

↓アークエンジェルズさん大阪本部に掲げられてる広島の写真と、My掃除道具
P061008_001.jpg P061008_002.jpg
自分で持参する掃除道具や長靴等も積み込んで一旦帰宅。

2006年10月6日(金)am6:00。梅田で待ち合わせをして同乗者sanと一緒に出発。
まずは、自分の犬をお友達に預けに。。(Mさんお世話になって、本当にありがとう
ございました) それから、am7:30頃にJR伊丹駅でもう1人の方と待ち合わせをして
広島に向けて出発。(一緒に行っ女性お2人はこの日が初対面だったんですが、
とても素敵な方だったので、道中気持ちよく行って来れました。ありがとうございました)

宝塚ICから高速に乗って、山陽自動車道へ。最初に三木SAで休憩。ちょっと驚いた
のは、このSAにドッグランがあった事。ま新しい感じだったけど、出来て間もなかったの
かな?中にはトイレや水のみ場も設置されてて広々したスペースが確保されていました。

↓三木SAのドッグラン
P061008_003.jpg
宝塚ICから、五日市IC迄や休み休み行って5時間程度だったかな?
大阪方面からボランティアに今後向かう方の為に、私達が辿った道順を記載します。



【五日市ICからの道のり】
五日市のインターを降り→料金所を出てY字の分岐点を右折→五月ヶ丘の交差点
(じゃぺん郷、と書いてる大きな看板アリ)を右折→高井を右折。ここから結構走る→
一瞬ドンツキ?のような場所(正面にスバルの看板アリ)を道ナリに左折→新郡橋西詰
の交差点を右折。ここからまた長く走る→藤の木橋南詰の交差点を左折→1つ目
(すぐ先)の交差点を右折。ここからが結構長く走る。左手にフラミンゴというラブホ等も
数件見えるけど、そこを通り過ぎてもひたすら道なりに進む。→コンビニエンスストア
“ポプラ”を左折。(もし通り越してしまったら、すぐ先に川角という交差点があるので、
そこを左折)ここからまた結構長い→「湯来保養園」のブルーの看板を右折(左手に
アークエンジェルズさんの看板アリ)→坂道を直進で広島ドッグパークへたどり着けます。

【広島ドッグぱーくからの帰り道】
ドックぱーく出た突当りを左折。ひたすらまっすぐ道なりに進む。→ポプラが左手にある
突当りの道を右折。ひたすらまっすぐ下る→黄色い看板『沙羅の森』を右手に見ながら
通り過ぎ、小さい橋を渡ってすぐ(左ナナメ前に『広島マッシュ』の看板のある家が
ある所)を左折→次の交差点(藤ノ木橋南詰)を右折→新郡橋西詰の交差点を左折
→標識の通り、山陽道を目指し、八幡派出所を斜め右に曲がる→高井の交差点を
左折。そこからかなりまっすぐ行って→五月ヶ丘の交差点(じゃぺん郷、と書いてる看板
が見える)を左折→左手に山陽道の入口→岡山方面へ。。で大阪方面へ向かえます。




(左)道中何となく撮った写真。のどかです。この先に惨劇があったなんて
信じられない程…。(右)最後の目印、湯来保養園の看板↓

P061008_004.jpg P061008_005.jpg
湯来保養園の看板の向かいには、アークエンジェルズさんの看板が掲げてありました。
OPEN当初は華やかだったんだろうな、と思わせる看板ゲートを潜り、更に上へ。。。

P061008_006.jpg P061008_007.jpg
山の中腹と、山頂に施設があるという感じです。
中腹部分にはアジリティーの設備が置いてあるドッグラン?的な場所やBBQスペースが
右手にあり、左手には今は別の会社が買い取った建物&物資倉庫2がありました。
コレは最後の坂道を登りながら下に向かって撮った写真。。。

P061008_008.jpg
と、言っても判りづらいですよね。。。
えーと。。。 2006年10月6日(金)時点での全景はこんな感じでした。

P061008_000.jpg
(基本的には全ての写真がクリックで拡大出来ます) 到着は13:00位だったかな。

ボランティアの受付をする為に正面ゲートへ。。この日は平日だったんですが、車は
多いように感じていました。でも、実際に働いてみると人手は足りなかったかな。。
(左写真左端に写ってるのがMYデミオちゃん。今月末でお別れするのが淋しいよー)

P061008_010.jpg P061008_011.jpg P061008_013.jpg
ブサイクにも程がある、と言われそうですが。。(^^;; 色々な情報収集をして、上下
カッパ(使い捨て)、必要なものと貴重品は携帯(100均のベルトに掛けられるタイプ
のポーチに収納)、ウンチ取り用のブラシやお好み焼きヘラ(?)、デッキブラシを
持っていざ出陣。。。あ・勿論掃除道具は使い終わったらそのまま他の方に使って
貰えるように、現地の掃除道具置き場に置いてきました。←すぐボロボロになるけど。

P061008_009.jpg P061008_012.jpg
受付でマスクと手袋は配っていました。(手袋はあったので、マスクだけ受け取りました)
入ってすぐ右手にボランティアさん用の更衣室はありました。が、私達は既にカッパ
着て入ったので、使用せず。。受付でどこを担当するかの指示を受けます。

P061008_014.jpg
6日(金)はA-1犬舎の担当でした。

P061008_015.jpg P061008_018.jpg
午後から参加したので、まずはお散歩担当でした。
ざっと、「現段階での」ボランティアの仕事はこんな感じです。

ワンコ達への朝ご飯 → バリケン、犬舎の掃除 → 水の入れ替え等 →
昼からワンコの散歩 → ワンコ達への夜ご飯 → バリケン・犬舎の掃除

一見簡単そうですが、コレが500頭近い頭数となると半端じゃない作業量です。
消化吸収のよくないコだって多いので、下痢するコもいれば、ウンチを踏んでしま
うコもいます。バリケンの掃除などは1日何回、と厳密に決められてる訳じゃない。

当然散歩だって簡単には終わりません。でも、この時間だけがワンコに取っては
外の空気を吸えて、人の愛情を体で感じられる時間。。人手がない分、1頭に
掛けてあげられる時間は少ないのですが、それでもなるべくイッパイ話をして、
頭を撫でて、色々な場所を歩くようにはしました。

他の方が散歩されてたワンちゃんも含めて写真を何枚かUPしますね。
(どの子も細いです。最初に書きましたが、ダックス写真が多いのはご容赦下さい)

P061008_d01.jpg P061008_d02.jpg P061008_d03.jpg
1番右のダックスちゃんは、チワックスちゃんみたいな顔&体でした。↑
どのダックスちゃんも体重は4キロ台?程度まで。他の犬種の子も通常の体の大きさ
より小さい子が殆どでした。成長過程で栄養が足りなかったのかな。。。

P061008_d04.jpg P061008_d05.jpg P061008_d06.jpg
P061008_d07.jpg P061008_d08.jpg P061008_d09.jpg
この、1番右の全バリされてるテリアちゃん?は、私が散歩に連れて行ったコです。↑
最初は怖くて歩けなかったんだけど、2歩位先に行って、「オイデ」ってかがんで呼ぶと
ヨチヨチと歩いて来てくれて嬉しかったなぁ。。。毛玉の多いダックスちゃんもいましたが、
順番にトリミングされるようなので、数日後にはキレイになってたかも知れません。

P061008_d10.jpg P061008_d11.jpg P061008_d12.jpg 
P061008_d15.jpg P061008_d14.jpg P061008_d13.jpg
↑この1番左のピレネーズちゃんもキレイにカットされてました。カットされた体はとても
キレイだったけど。。ピレネーズちゃんなのに。。。細かったなぁ。。。(TmT)

P061008_d16.jpg P061008_d17.jpg P061008_d18.jpg
ボーダーコリーちゃん(小さい…)と、黒ラブちゃん(細い…)と、イングリッシュセッターちゃん
(このコも細かったです) どのコも本当に人懐こくて優しい目をしたコ達でした。

P061008_d19.jpg P061008_d20.jpg P061008_d21.jpg
↑多分レッドとシルバーダップルを掛け合わせて産まれたコ。。ダックスを飼ってる人間
であれば、レッドとダップルをかけて、かつ、その犬を繁殖用に…なんてありえない話って
判るのに、このコは多分繁殖目的で産まれたコなんだと思います。両目共に
ブルーアイでした。勿論このコには何の罪もないです。このコが今後繁殖用として飼わ
れないコトを望みます(TmT)←里親譲渡の条件に避妊・去勢は必須らしいので、多分
大丈夫だと思いますが。。。中央の写真のコは何て言う犬種だろう?このコも歩くのが
苦手な子だったので、ゆーっくり、ゆーっくり散歩に行きました。写真だとなんだか
リードが引っ張られてるみたいに見えますが、無理に引っ張ってはないですよ(^▽^;
ワイヤーのダックスちゃん(右写真)は結構肉付きが良いコでしたが、体がとっても
短いコでした。単に胴が短いのかな?このコももしかして他犬種とのMIXなのかなぁ…?

6日(金)7日(土)は、ご飯や掃除以外に両日ともバリケンのサイズ変更作業も
ありました。(ワンちゃんが奥半分で眠れるサイズにまで大きくするのが理想かな?)
どうしても、1日のうち8割位はバリケンでの生活です。せめて広めの場所で
眠る場所とトイレが分けられる位にまでは大きいサイズに変更してあげたい。。。

P061008_016.jpg
↑手前にあるのが変更されるバリケンです。

その場にいるボランティアは、私達も含めて一生懸命バリケン洗って、消毒して
大きいバリケンかついで来て、シートなどを敷き、ワンちゃんを広いサイズの
バリケンへ移動。。。この作業を延々とこなしていました。

・・・なんて書くと一見カッコイイ作業?みたいですが、実際には糞尿まみれです。
バリケンの奥でゲリしちゃってる子もいるので、体をバリケンに突っ込んで掃除するん
ですけど、コレが半端なくニオウ。篭ってるウンのニオイ&ワンコのニオイ。。。だけど
そこにまた入らなきゃならないワンコを想うと少しでもキレイに、臭いがなくなる様に
…と思うのはボランティア全員が同じキモチではなかったでしょうか?私も、臭いが
どうだ、なんて関係なく作業しましたし。。綺麗になれば嬉しかったし。。
でも、カッパ着て作業してるから、そりゃもぅ。。サウナスーツ状態でした(^▽^;

P061008_019.jpg
着替えは全身持って行って正解でしたよぉー。
そうそう。自販機やコンビニも近くには無いので、ボランティア参加される方は
2L位のお茶とかお弁当を持参された方が良いです。私達が参加した日は両日共に
そう暑い日ではなかったものの、飲み物が減るのは早かったです。
消毒薬対策等に関しましては、コチラで詳しく書かれてますので是非ご参考に…♪

バリケンには各ワンちゃんの身体的特徴や気付いた事がボランティア同士で
ガムテープの上に油性のペンを使って書かれて貼られていました。10/4 ご飯
10残す とか、10/5 少し下痢気味 とか 10/1 トリミング済 とか、逆に
トリミング待ち、、とかも。これは、凄く良いアイディアだと思いました。

P061008_017.jpg
(何となく、ガムテープが貼ってあるの判るかな?給水器も1つづつちゃんと付いてました)

散歩なども行ったら判るように目印を付けたり、ボランティア同士でアイディアを
出して、アークエンジェルズさんとも相談して現地でのシステムは少しづつ確立されて
いるようでした。(勿論完璧ではないから日々変化はしてると思います)夜、作業を
終える前にアークエンジェルズのスタッフさん達がそのバリケンに書かれたメモを見ながら
各ワンちゃんの身体確認(健康確認?)をされてました。下痢が続いたりする子は
別室に移されてるようでした。A-1に白黒で痩せたフレブルちゃんがいたのですが
↓この子は7日の時点で別室に移動してました。具合悪かったのかな…気になる…。

P061008_d23.jpg
ワクチン等の注射も一応全頭終わってたのかな?「10/1注・済」等書かれた
テープも各バリケン上部に貼られていました。 広島獣医師教会が協力して下さっ
てるようなので、そういう面ではカナリ良くなってるのかな? でも、ボランティアで
来て下さる獣医さん以外はやっぱり実費を取られるようで。。(そりゃお医者様側
からしたら商売上がったり、になってしまうしね…) 医療費は今後も継続して
支援が必要だわ、って強く感じましたね。どう考えても膨大な費用だもの。。。

ただね。

私達が行った時点では、既に、全体的にカナーリ綺麗に掃除されてたんですよ。
犬舎とか、そりゃ当然まだ臭うけど、でも、換気用の扇風機だってあったし。。。

というコトは?

最初立ち入られた時ってどれだけ酷かったの?!

想像が着きませんでした。目が痛くなる臭いだったそうです。アークエンジェルズさんが
立ち入って清掃に入った時。ウンチだけでトラック15台だったそうです。犬って、
目が見えなくても嗅覚で生きていけるっていう程の嗅覚を持つ動物。。。人間が
辛い程の臭いの中、どんなキモチで、どんな我慢をして生きて来たんだろう。。。

色々なコトを考えて掃除していたら何度も泣けました。でも、泣いて手を止めたら
アホだろう、自分。と言い聞かせ、少しでも良くなるように…と思って作業するよう
には心がけましたが。。。化粧はファンデだけ、にして正解だったかも知れません(^^;
全てがね。全てがネットで見る以上に心が痛むコトばかりでした。本当に。

P061008_d25.jpg P061008_d24.jpg P061008_d22.jpg
真ん中の写真は、散歩中に逢ったダックスちゃんの爪。このコはまだマシな方で
トリミング待ちのコは殆どがもっと爪が伸びきっていました。爪が伸びすぎて指が
曲がってるコも。。爪位なら切れるから、爪切り持って行けば良かった。。。(><)
右写真もダックスちゃんです。トリミングされてた?としても、細すぎますよね。。。

あ。そうそう。

初日はね、疑問に思ったんです。「いくら広くするとはいえ、なんでバリケン生活に
させるんだろう。。折角敷地が広いんだから、時間を決めて一斉にドッグラン
状態で開放する、とかしてあげたらいいのに」 と。 でも、それが無理だと翌日
知りました。500頭近いワンコ。全頭が仲良く出来る訳なんてないですものね。。

>>外の世界が怖くて歩けないワンコも多い
>>仮に、雄・雌を分けて柵内等に放したとして。相性があるので犬同士の
  ケンカが勃発する可能性が高い(実際、温厚なコは勿論多いのですが、
  散歩中でも近くに来ただけでケンカしそうなコもいました)
>>ケンカ等が起こった場合に止められる人間がいないし(ボランティアの不足)
  ケンカが起こる事によってボランティアに怪我をさせてしまう危険性もある。
>>犬同士の接触によって、皮膚炎などが広まらないとも限らない

等の理由を踏まえた上で、現状(なるべく広めのバリケンに変更していった上での
バリケン生活)が今出来る中での最善の方法なんだと理解する事が出来ました。
サークルだったコもバリケンに移されてました。朝・夜の冷え込みを考えると、確かに
サークルよりはバリケンの方が何倍も暖かいと思います。救援物資が沢山届け
られていて、大型犬用のひろーーーーいバリケンも結構ありました。ので、私達が
行った時点でまだ変え切れて無かった子も、もう変更して貰えたんじゃないかな?

P061008_d30.jpg P061008_d27.jpg P061008_d26.jpg
↑左写真は、バリケンの変更を待つジャックラッセルちゃん。
中央写真と右写真のコは物資室 (誰かが常にいる場所) にいました。
右写真のうなだれてるコは心臓が悪そうでした。時々苦しそうにしてたけど、そーっと
近づくとお腹を見せて甘えてくれたりして。。。お医者さんに診てもらえたかな。。。

多分、常に目が離せないコ等は人がいる場所に置かれてたんだと思います。

私達以上にアークエンジェルズさんは犬のコトを日々考えられてましたよー。
(そりゃそうだよね。。救いに入ったんだもん。。より良い状態にしてあげたいのは
私達の何十倍も一生懸命に考えられてるんだと思います。ただ、その中で自由に
放したり等の出来ない事も出てくるんだろうな。。。そんな印象でした) だから、
今出来る限りの中で、少しでも快適な環境を…そう思って私達も頑張っていました。

6日(金)は平日だったというコトもあり、人手は少なかったです。この日にもっと
坂の下にある物資倉庫2から、坂の上にある現場の物資倉庫1迄運びたい物も
沢山ありましたが、そこまで手が回らず。。。

13:00~20:00頃まで休み殆ど取らずに働いてこの日は終了。

終了間際にパピールーム前に行きました。パピールームは、大勢の人が入ると
ワンちゃん(特に母犬)が神経質になるので、作業担当以外は入れず。
でも、写真は撮って頂けるとの事でしたので(勿論フラッシュなし) パピールームを
担当されてた女性にお願いして写真を撮って頂きました。

P061008_p01.jpg P061008_p03.jpg P061008_p04.jpg
P061008_p05.jpg P061008_p06.jpg P061008_p07.jpg
P061008_p11.jpg P061008_p08.jpg P061008_p10.jpg
P061008_p12.jpg P061008_p13.jpg P061008_p14.jpg
P061008_p02.jpg P061008_p09.jpg P061008_p15.jpg

可愛いでしょ(*^^*)

(ベッドに犬種違うコが寝てる写真には理由がありまして。。。育児放棄をして
しまった母犬もいるので、母性の強いコーギー母ちゃんが他のコが産んだ赤ちゃん
にもお乳を飲ませてくれてるそうです。ストレスの多い中でも一生懸命子育て
してくれるワンちゃんも多くて良かったです。。。本当に。。。)

私ね、輪廻転生を信じるんです。この新しく生まれた命達。。。多分、無念を
抱いたまま狭いバリケンで亡くなった子が今度こそ幸せになる為に今を選んで
産まれ変わって来たんじゃないかと思います。そうあって欲しいと願ってます。

で。この日の撤収前。。。

人が少なくなってから、許可を得て隔離室にも入らせて貰いました。
隔離室は1と2があって、1の方に、より、皮膚の状態が良くない子とかが入れ
られてたかな。。他の方がお世話されてる最中だったので、邪魔にならないように
写真だけ撮らせて頂きました。写真とかは、ブログとか持ってる方は少しでも
多くUPして欲しいとアークエンジェルズさんもおっしゃってましたので、どの場所も
「写真撮らせて頂けますか?」 と聞いて断られる事は無かったです。

P061008_k01.jpg P061008_020.jpg
左写真が隔離室1、右写真が隔離室2です。

隔離室で頑張ってるコ達。ココにもダックスちゃんが数頭いました。

P061008_k03.jpg P061008_k04.jpg P061008_k05.jpg
P061008_k07.jpg P061008_k06.jpg P061008_k08.jpg
この日、同乗された女性は湯来温泉に泊まれられる予定だったので、一緒に
お風呂に入らせて貰って、私は湯の山温泉にあるクアハウス湯の山の駐車場で
車泊しました。 えと、、変わってる、と思われるかも知れませんが、スノーボードに
通ってた時代?も、お風呂だけは入って、後は車で寝る、っていうのは結構
普通だったので、宿に旅行以外で泊まる、、という事に抵抗があったんです(^^;
はい。ワタクシ、貧乏クサー…ですよね。

ただ、湯来温泉でお風呂入れて貰えたから良かったものの…次回はもう少し
ちゃんと健康ランドの場所とか調べてから行かないと、とは思いました(><)
行き当たりバッタリ過ぎたのには反省。←次回も車泊する気マンマンですが…。

で、7日(土)

まず、前日に確認出来なかった事を知りたくて現場に上がる前に中腹部分の
アジリティー等がある場所にウサギちゃんはいないかを探しまくりました。

P061008_021.jpg P061008_022.jpg P061008_023.jpg
この画面↓右下部分。。。 左下の倉庫ではない、別の会社にアヒルちゃんは
P061008_000.jpg
いたんですが、その会社の人に聞いてもウサギは見たことが無い、との事でした。
多分閉園してからのウサギちゃん情報って誰も知らないのではないかと。。。

これまた個人的願望というか、望みなのですが。。
コンクリートでない場所で放し飼いされていたとすれば。

穴掘って逃げた筈。
草食べて生き延びてる筈。
野ウサギちゃんとして今も暮らしてる筈。

そう信じたいです(;_;) ウサギちゃん全員が死んだ、、とは思いたくないです。

見当たらなかったので、ウサギちゃんの消息を辿るのは諦めて現場へ。。。

この日は連休初日というコトもあり、私達含め沢山のボランティアさんが来て下さって
ました。この日は見学者も多くて(現在はマスコミ等へ取り上げられた事もあり、
見学者が殺到しまい、ボランティアさんの仕事の妨げになったり、ボランティアさんと
見分けが着かなくて現場が騒然とする為、見学だけ!という方は一時的にお断り
しているそうです。)ごった返してましたが、男性のボランティアの方も多く、力作業と
なる物資運び等がカナリはかどったようでした。女手だけのボランティアではどうしても
限界がある力作業。。出来る事なら平日にも若い男性が多く入って頂けたら
助かるんでしょうけど。。。皆様都合もありますしね。。。

私達のこの日の担当は犬舎B-1とB-2。だったんだけど、着いて最初にしたのは
トリミング室のドアチェック。この日は70頭がトリミング・シャンプー予定だったようで、
トリミングが終わったコを一時的に入れるバリケンのドアの開け閉めに問題が無いかを
チェックする作業でした。問題が無いと判ってから犬舎Bに戻ってお仕事。。。

まずは、ジャックラッセルちゃんが集められてる場所へ朝ごはん&掃除に入りました。

P061008_d31.jpg P061008_d32.jpg
その場所には女のコしかいませんでした。以前はこの場所に雄雌一緒に放り込
まれていたようで、沢山のコが妊娠した状態で発見されたようです。今は男の子は
A-1犬舎に移動していました。本当はこの日にこのジャックラッセルちゃんズもA-1に
移動予定だったそうです。(雌同士であってもやはり頭数が多いせいか、ケンカも
勃発したりしてましたし、ヒート中のコもいて、雌同士でもマウントしあってました)

でも…TV等で見られた方も多いとは思いますが…

この日の朝…埋められてた死体が発掘されたんです(TmT)
厳密には前日の夜に埋められてた事が判明して、朝イチで掘り返したようです。
このハプニングがあり、ジャックラッセルちゃんの引越しは少し遅れるようでした。

TBSのニュースで写っていた口から液体を流して死んでいたセントバーナードちゃん。。
あの映像を見て、ショックを受けながらも、一瞬「体の大きいコだな」って思って
いた私。。。あの時既に体がガスでパンパンになっていて。。。埋められていたを
発掘した時は。。骨と皮ばかりの、女性の腕に収まる程の体の小ささだったようです。

セントバーナードですよ?
セントバーナードが女性の腕に収まる程の小ささって。。。。。(涙)

他にも生まれてすぐに亡くなったであろう胎児や、Mダックス他40頭近くの死体が
無造作に掘られた穴に重なるようにして投げ込まれ、埋められていたようです。

ジャックラッセルちゃんにご飯をあげていた時だったし、という事もあったのですが。。
すぐ近くで作業されてるのを知ってたのですが…掘ってる所は辛くて見に行けませんでした。

お昼頃、休憩を取った後に現場に行ったらお花が添えられていました。
小さい箱なのに「10体」と書かれていたり。。。「1命」と書かれた箱も。。。

P061008_034.jpg
アークエンジェルズのスタッフさん達は、どういう想いで、どんな気持ちで死体を箱に
詰め替えたんだろう。。。見ていた方も、作業されてた方も号泣だったそうです。
「間に合わなくてごめんね…」 そんな悔しい気持ちでイッパイだったと思います。
本当はまだまだ沢山死体があったそうですが、体の形が判別出来るコ以外は、
もう堀り起こさず、そのまま眠らせたそうです。何百の命が捨てられたのでしょうか。。

発掘されたコ達は、皆やせ細って、異様な体の状態(狭いバリケンで体をくの字に
曲げたまま亡くなったであろう子とか?)だったそうです。 この文章を打っている
今も思い返すと動悸が激しくなり、涙が出ます。犯人に刑が下されたとしても最大
100万?酷い状況下で亡くなったコの命がお金で許されていいっておかしいよね?

・・・。

見ていた皆で手を合わせました。辛かったね。。早く生まれ変わって来てね。。
今度は暖かい家庭に迎えられるコに生まれて来るんだよ。。。(涙)


ジャックラッセルちゃんの場所を掃除した後はB犬舎にてバリケンのサイズ変更
作業へ。。。こんな感じで汚くてサイズの合わなかったものは取り替えられました。

(写真だとわかりづらいですが、サイズが大きくなっています)
P061008_030.jpg → P061008_031.jpg
企業さんなどから新しいバリケン等が寄付されて運ばれて来てるとはいえ、比較的
中型~大型犬が多いこの犬舎のバリケンを探すのは結構至難の業でした。

「倉庫2(坂の下)には沢山あるけど、まだ倉庫1(現場)まで上がって来てない
バリケンもあって…変える必要があれば取って来て頂いてもいいでしょうか?」
というスタッフさんの言葉を聞いて、改めて犬舎Bを見るとバセットハウンドちゃんや
ウィペットちゃん、バセンジーちゃん…何頭かは頭の上のスペースに余裕が無いし、
奥に横になるには無理なサイズのバリケンが沢山。逆にこのコ達が今入ってる
バリケンを犬舎A等に移せば小型犬にしては大きめ?のコとかでもゆったり出来る
かも!! 「直接下に行って運んで来ていいんでしょうか?」と再確認してから取りに
行きました。下の倉庫は大荷物の物資仕分けの為に男の人が多く作業されてました。

P061008_025.jpg P061008_026.jpg P061008_027.jpg
ちょっと可愛かったのは。

一見派手だったり、無愛想な感じの男性が全身に汗かきながら一生懸命物資や
バリケンを運んでらした事。見た目はどうであろうと、動物を愛してるんだなー、と。。。
哀しい状況だけど、ボランティアをしに集まってる人は皆温かいなって感じましたよー。

「大きいサイズのバリケンが欲しいんですが…」 と伝えると数人のお兄さんが
「大きいサイズであればあの辺りかな?」と、数個バリケンを運んで来てくれました。

えーと。

このバリケンを P061008_028.jpg

この坂の上まで台車で運ぶ。。。 P061008_029.jpg





と、遠い_| ̄|○

ヒーフー言いながら何とか運びました。早速犬舎Bに持って行って作業開始。
犬舎Aでも、サイズが大きくてキレイなバリケンへ取り替える作業が進められてた
ようです。この2日間でバリケン100サイズは殆ど無くなったんじゃないかな?
扉とかが錆びていても、中がキレイでサイズが大きなものはそのまま残されまし
たが、完璧ではないけどカナリの数のコが広くて新しいバリケンへ移れたと思います。

物資仕分けに男性が多く入って下さってた事もあり、バリケンなどはきちんと
サイズ別に分けて一箇所に纏められてました。途中からは欲しいサイズのバリケンが
あればその場所まで行って選んで来れば良くなっていた程。。 勿論物資として
送っていただいた小さいサイズのバリケンも大切に取っておいて、譲渡会の時とか
の移動用として使われるそうです。(それでもバリケンが余ったらどうなるのか迄は
判らないです。すみません。。保護団体同士で分けたりするのかな?どやろ??)

皆素人だし、ボランティアだからいくら各担当場所にリーダーがいてもどうしても
手落ちになったりする部分があるんですよね。(勿論、指示されたコトや、注意
する点はちゃんと聞いてますが…)でも、お互いに声を掛け合ったり、確認
し合ったりして誰かが誰かのフォローをしながら雰囲気良く作業してました。(もしか
したら日によって、場所によって違うのかも知れませんけど。。ね。少なくとも、私が
作業分担させて貰った場所は皆さんそういう良い雰囲気で作業されてました)

状況を良く知らずにとにかく手伝いたい!と思われる方も多かったようです。
事前下調べをして来られてる殆どの方は雨カッパ着て作業してましたが、中には
ビーチサンダル・ホットパンツの女の子もいました(^^; ←それが悪いと言ってる訳
ではなく、足にウンチ付かなかったかしら?とか、消毒出来たかしら?とか余計な
心配をしてしまいました。オバチャン気質だわ。。。 彼女達がいたのは、私が担当
させて貰った場所では無かったので、実際の仕事内容迄は見てなかったんだけど、
相当汚れるし、消毒等も必要になるので、今後行かれる方は是非全身カッパ
着て長靴履いて作業された方が良いかと思います。雨も降ったりするし…ね。

見学で来たけど、現場を見て手伝いたい!!と思われる方も多かったのでは
ないかな?私が見た限りでは、見学で来ていた父娘が途中からボランティアで
作業されて、ワンコを散歩させる仕事を頼まれた時に、お父さんが一生懸命
ワンちゃんを撫でて 「こんなに痩せて…ごめんな…ごめんな…」 って話掛けられて
ました。骨皮に等しいワンちゃんを見ていたたまれなかったんでしょうね(;m;)

7日に出会ったワンちゃんズ。。
(すみません。ダックス写真がやっぱり多いです)

P061008_d28.jpg P061008_d29.jpg P061008_d33.jpg
この左写真のワイヤーダックスちゃんも細すぎ!!な程細かったです。
お顔(中央写真)は本当に可愛いのに、ひどい目に合って来たんだね。。
右写真は結構元気そうなダックスちゃんでした。元気なコを見るとちょっと心が
暖かくなります。元気なコもいて良かった。。。そう思えるからです。
(実際には内臓疾患があるかも知れないので本当の意味での安心は出来ませんが…)

P061008_d34.jpg P061008_d35.jpg P061008_d39.jpg
P061008_d40.jpg P061008_d41.jpg P061008_d42.jpg
↑これまた珍しいファラオ・ハウンドちゃん。このコはとっても大きいのにとっても
怖がりで、掃除する時も出て来てくれませんでした。ダッコして外に出したら
プルプルしてたから、大丈夫だよー、って言いながらナデナデしてました。
真ん中の写真は、C棟にいたニューファンドランドの4頭。子供という話も…。
右写真はB棟にいた、これまたちっちゃくて可愛らしいダックスちゃん。

P061008_d52.jpg P061008_d50.jpg P061008_d51.jpg
外にいたイングリッシュセッターちゃん(左)と、B棟にいたドーベルマンちゃん
(中央&右)。2頭とも痩せてるけど、とっても人が好きなイイコでした。後日
亡くなったドーベルちゃんがいたらしいですけど。。。このコじゃない…よね?

P061008_d49.jpg P061008_d48.jpg P061008_d47.jpg
左からバセットハウンドちゃん、パグちゃん、そしてやっぱり細いダックスちゃん。。

P061008_d43.jpg P061008_d44.jpg P061008_d46.jpg
P061008_d37.jpg P061008_d36.jpg P061008_d38.jpg
最後の3枚は、とっても気になったキャバリアちゃん。。。5キロないかな?って位に
細い女の子だったんですが、オッパイが大きくて(TmT) 足の毛も伸びまくってて
(トリミング待ち、となっていましたが) 何度出産させられたんだろう。。。と。。。
顔がとってもとっても可愛い分余計に気になるコでした。今日も元気かなぁ。。。

この日に大阪へ帰る予定だったので、余り暗くなる前…pm18:00位には現地を
出ようね、って話をしてたんですが。。結局皆 「もう少しだけ、あとココだけ」 っていう
感じでpm20:30頃終わらせたかな? 着替え等をして現地を離れたのは
pm21:00位でした。不思議と疲れませんでした。いや、実際には疲れたんだろう
けど、何か、作業して疲れたワ!っていう風には感じなかったんです。可能であれば
連休ずっといたかった程。。予定があって戻りましたが、また行かせて貰うつもりです。

P061008_032.jpg P061008_033.jpg
作業は担当しなかったけど、撮影だけさせて貰った、A-3犬舎。
中型犬・大型犬の犬舎になっていて、写真ではバリケンが小さく見えますが、
実際は私の胸位迄の高さがあるものも多々ありました。(ちなみに私は身長156cm)
夜だったせいか、吠えてるコは少なかったです。


***********************************************************************


2日間、現場を実際に見て、触れたワンちゃんについて感じた事は。。。

どのコも本当にイイコばかりなんです。びっくりする程、どのコも噛まない。
一生懸命吠えるけど。それは自分を見て欲しいから。出して欲しいから。でも。
実際に散歩等に連れ出すと誰も吠えない。本当にアピールしてるだけなんだよね。

でも、一生懸命アピールするコでも、散歩させようとバリケンのケージを開けると
怖くて出てこれなかったりして。。。奥で震えてしまうコもいたり。。。何とかダッコ
して出してあげると一生懸命甘えてくれたり、しがみ付いたり、喜んで草の上を
歩いたり(;_;) 犬が笑顔になる瞬間みたいなのを何度も見た気がしました。

散歩から帰って、バリケンに戻そうとする時は苦しかったです。

外が怖くて慌てて入る子もいるけど、体を一生懸命に突っ張らせて入るのを
拒む子が多くて。。。「ごめんね。ごめんね。お掃除したから。また来るから入ってね。」
そういいながらダッコして入れるのですが、一生懸命抵抗して。(でも噛まないの)
最後の最後に諦めて自ら入るんです。。。多少広くなったとはいえ、バリケンが
ワンコに取って嫌な場所であると判りつつも入って貰わないといけない。。。

どのボランティアさんもこの瞬間が一番辛いんだろうな、と思いました。

噛みます、と注意書きがされてる子のバリケンも掃除しましたが、全然噛まれ
ませんでした。多分、何か怖いことがあって最初の頃に噛んでしまったのかな?
少しづつ人間の愛情を感じて噛まないでくれてるのかな?そんな印象でした。

私は大型犬も好きだけど、たまに、他の人が飼ってる大型犬のワンコって怖いと
感じる事もあったんですね。でも、ココにいる子はどれだけ大きな子でも全然怖く
ありませんでした。どの子も痩せてるし、臆病で大人しかったせいもあるけど、
元気のイイ子でも、噛んだり唸ったりしないし…本当に性格がいい子ばかりで。

だから余計に哀しかったというか。。
もっとね、怒ってもいいのに。。

「人間なんて大嫌いだ」 って思って噛まれても仕方ないのに。どの子も近くに
行くだけで一生懸命骨と皮だけの尻尾を振ってすり寄って来てくれるんです。
その都度胸がキューーーッってなって。喉の奥がツーンと痛くなりました。。。

キミ達は、どんな景色を見て来たの?
どんな気持ちで仲間が死んで行く姿を見つめてたの?
真夏の暑い日、真冬の寒い日、むせ返る臭いの中で何を夢見て眠ったの?
狭い狭いバリケンの中から、遠くに見える広い芝生を見つめてたの?
一度は触れ合った人間という存在から愛されたかったよね?撫でて貰いたかったよね?

驚くほどの犬種がいたけど、でも、その犬種に偏りもあったんです。
ジャックラッセルがびっくりする程多く、ダックスも多く、テリア系も多く。。。

でも、フレンチブル・パグ・チワワ・ポメラニアン・Mピンシャー・キャバリア等は
片手で数えて余るほどの数しかいませんでした。大型犬も1種類1頭って子も。。。

多分、フレンチブルちゃん等の暑さに弱い犬種は熱中症で亡くなったと思い
ますし、胎児が死体で発掘された事を考えるとジャックラッセルとかダックス等は…
無造作に繁殖させられて、共食いなどもして生き延びたのではないかと
思います。妊娠してないのに、オッパイが大きすぎる子も多かったです。
過去の妊娠・出産の回数が半端無かったんだろうなと。。。(T-T)

発見された時に状態が酷すぎた子は既に大阪に搬送されてますが、救い
出された子の中には、、、自分の腕を食べて生き延びたゴールデンの子も
いたそうです(涙) どれだけお腹が空いてたのか。。。どれだけの極限状態で
狂気との狭間に置かれていたのか。。。(その子は、診た獣医さんに引き取られた
そうです。きっと獣医さんも胸が張り裂ける想いだったんでしょうね…) 無念を
抱いて亡くなった子は何百頭いたのか。。。最後に瞼を閉じる時に見た光景が
自分で穴を開けたバリケンの天井であったとすれば、、、本当に辛すぎます。

なのに、生き延びた子は何故人間を恨まないのか。何でそんなに純粋なのか。。。

見学だけしに来た人の中には偽善だ、等と暴言を吐いて去った人もいたようですが
ボランティアをした人であれば、生きようとしているワンコの為に何かしてあげる事が
偽善だ、なんて思う人はいなかった筈。生き延びた子を見殺しに出来る訳がない。
例え偽善だと言われても、どうしても何かしてあげたかった。。。それだけの筈。

さすがに何百頭という大規模レスキューなので、アークエンジェルズさんと前々から
面識のある、(信頼関係がある)保護団体さん等、何頭かは既に保護先を移送
されてる様でした。←「自称」保護団体とか、知り合いでない団体等には絶対に
渡さないそうです。でも、どのワンコも酷い目にあって来た子ばかり。誰でもいいから
里親に出す等と言う事は絶対にしない。という言葉を聞いて少し安心しました。

今までの分も幸せになれるよう、最後の1頭まで絶対に里親を探す!とおっしゃって
ましたよー。私のような素人には見極めは難しいと思いますが、今までに何頭も
レスキューされて来たプロの目で判断して頂けるかと。。。(と信じたいです)

ただ、私個人としては、今の場所はアークエンジェルズさんの土地ではないし、
マスコミ等で報道されてる分すぐに立ち退け!とは所有者も言えないだろうけど、
いづれは出て行かないとイケナイと思うし。。。冬は積雪量もすごいと聞く場所。。
冬までに何とかなるのかな?とか不安な事も少しは残りました。

何億といる日本の人口。。
その中の500人の心ある立派な人に貰われてくれる事を願うのみです。

P061008_036.jpg P061008_037.jpg P061008_038.jpg
1番最後に、穴の開いたバリケンと山のようなゴミを最後に撮影しました。
バリケンは、実際に見たら…また格別に胸が苦しくなりました。

往復運転していたのですが、帰りは本当に色々な事が思い出されて苦しくて
泣けました。想像以上に辛い現実でしたが、自分の目で見れて良かったと
思います。自分の中でも何かが変われた気もします。

行ける方は是非、現地に行って頂きたいと思います。本当に人手は足りてません。
特に平日。物資は “今の所” 足りているようでしたので、今不足してるのは
人手で継続で必要なのは医療費…かな?私も今回の件に限らず、知って
しまった虐待事件等に関しては出来る範囲で支援して行きたいと思っています。


***********************************************************************


ただただ長い文章をここまで読んで頂いて、ありがとうございましたm(_ _)m

広島の話に関するリンクを貼って頂ける方がいらっしゃいましたら、

http://munib.blog78.fc2.com/blog-category-1.html

コチラのアドレスへお願い致します。←今後、このブログは広島の話だけはなく、
不妊治療とか、私自身に取って重いテーマを書いて行くつもりなので、トップ
ページではなく、このURL(カテゴリー別)でのリンクをお願いしたいと思っております。

何卒宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:【緊急」広島ドッグパークレスキュー450頭 - ジャンル:ペット

【2006/10/11 03:15】 | ドッグぱーく崩壊・動物愛護関連 | コメント(29) |
<<広島ドッグぱーく関連URL | HOME |
コメント
さまよってたら、こちらへおじゃましてしまいました。
ずっと、この事件のことは、気になってたので詳しく様子を教えていただき感謝しています。
ボランティアもご苦労様です。
やっと、テレビでも放送されるようになりましたが、内容が納得できないものが多いです。ブログにて、支援を呼びかけるお手伝いしかできないので、
どうかリンクさせてください。
うちには、チワワがいますが、散歩仲間のろんちゃんはダックスです。ろんママにも教えてあげたいです。
どうぞよろしくお願いします。
【2006/10/11 08:38】 URL | フーママ #jXQRyAOM[ 編集]
>フーママsan
読んで頂いてありがとうございます。
感謝だなんてとんでもない。リンク貼って頂けるそうで
こちらこそありがとうございます。最後にちょっと
追記したのですが、宜しければ
http://munib.blog78.fc2.com/blog-category-1.html
こちらにリンクをお願い致します。(広島に関する
カテゴリのリンクとなります)よろしくお願いしますm(_ _)m
【2006/10/11 08:57】 URL | まい #-[ 編集]
まいさん、ボランティア、詳細なレポートお疲れ様です!
読んでいて何度も涙が溢れてきました(T_T)
たくさんのワンちゃん達が、長い間ひどい状況で救いを待っていた事、救いを待たずに亡くなってしまった子の事を思うと悲しすぎます。
ホント、次に生まれ変わったら暖かい家庭に迎えてもらえますように。。。
って言うか、どんなワンちゃんも暖かい家庭に迎えてもらえる日本(世界?)になれば一番良いのだけど・・・。

今はたくさんの心あるボランティアさんのお陰で、ワンちゃん達の状況がかなり改善されていることにちょっとホッとします。
と言ってもまだまだ人手は足りないんだよね・・・。
今後の状況も気になります(>_<)
私もリンクさせてもらいますね。
【2006/10/11 12:24】 URL | グラッセ #ch2f7abI[ 編集]
まいちゃん
ありがとう
先日テレビで見ました
言いたいこと山ほどあった
誰かに伝えたい気持ちが沢山ありました
でも、ココでまいちゃんがきちんとすべてを伝えてくれてた
ありがとう
【2006/10/11 13:16】 URL | ちくわぶ #-[ 編集]
mixiからきました。
お疲れのところを詳しく報告くださりありがとうございました。
往復の運転だけでもフラフラと思うのに、休みなしの奉仕。
重ねて心からお礼を申し上げます。
【2006/10/11 14:09】 URL | ビンママ #9AJbZuww[ 編集]
mixiからきました。

ボランティア、及び詳細日記、ただただ頭が下がるばかりです。。
私は一人暮らし、且つ息子(クッキー@ダックス)、仕事を抱えており、現場に行くことはできません。。
でも、気になって、気になって、毎日いろんな方の日記を読んで、少しでも現場の状況を把握したいと思っています。

実は、今も仕事中ですが、まいさんの日記を読んで、涙が止まりませんでした。。(周りからはかなり怪しまれています・・・)
この事件を知ってから、何度泣いたことか。。
現場に行っていない私でさえ、耐えられないのに、現場で直接ワンちゃん達に触れて来たボラの皆様は本当につらい気持ちでいっぱいだったでしょう。。

今の私は支援金や物資でしか協力ができませんが、自分がいつか結婚して、受け入れられる環境ができたら、
この様な不幸な状況に生まれて来た仔の里親、ホストファミリーになれるよう、努力したいと思いました。

まいさん、今後も体に気を付けて下さい。また日記でいろいろ教えて下さい。(*- -)(*_ _)
【2006/10/11 14:49】 URL | mei #-[ 編集]
まいさんお疲れ様。
色々教えてくれてありがとう。
この問題色々ありすぎて・・・・私自身コメントするにも悩んでしまいます。自分にも問いただす事がおおくて・・歯がゆい毎日です
【2006/10/11 15:01】 URL | まだら♪ #XV5oIPHY[ 編集]
はじめまして。FC2で広島の件をウォッチしていて、たまたまこちらのサイトにたどりつきました。現地でのボランティア、お疲れさまでした。わたし自身は行くとができないので、ほんとうに頭が下がります。

現地レポート読ませていただき、写真もたくさんあって、とてもわかりやすかったので、本日の記事で紹介させていただきました。事後承諾ですみません。

問題があるようでしたら、削除しますので遠慮なく仰ってください。
【2006/10/11 15:45】 URL | 犬やかん #-[ 編集]
はじめまして。いちごいちえさんから来ました。じっくり読ませてもらいました。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。僕も自分のブログで、一人でも多くの人に事実を知って欲しく、いろんなブログにリンク依頼をしております。このブログも上記に記載されたカテゴリー別のアドでリンクを張らせていただきたいと思います。もし、不都合な部分がありましたら、即削除いたしますので、御一報くだされば幸いです。

ボラに行けない苛立たしさを抱えつつ悶々としていますが、必ず時間を作って平日に現地に入ります。何度入れるか判りませんが、自分の目で見て、その事実をまたブログアップで、少しでも多くの人に知ってもらえるよう頑張ります。
【2006/10/11 18:18】 URL | ナナパパ #ioVoO2YA[ 編集]
本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。こうして、詳しい報告をしてくださって、重ねてお礼申し上げます。最北の地にて、ただただ祈るばかりです。ありがとうございます。沢山のひとに話しています。感謝・感謝
【2006/10/11 20:36】 URL | でん助 #-[ 編集]
はじめまして。
いちごいちえさんからきました。
毎日みなさんのブログを見させていてだいています。
この事件を知ってから、すぐにでも行ってお手伝いしたくてたまりませんでした。
なにしろ、北海道という遠いところに住んでいてままにならなく、物資や基金でしかおてつだいできません。
ほんとうにみなさんありがとうございます。
まいさん、とてもくわしく、写真もたくさん撮ってきてくださり、ありがとう。
よんでいて、なんど涙が出たかわかりません。
ワンコ達人間に裏切られたのに、みんな人懐こくて、いい子ばかりですね。もう、絶対しあわせになってほしいですね。
より多くの人に知ってもらいたいのでリンクさせてください。
【2006/10/11 21:42】 URL | koba-koba #TdPaJ0RE[ 編集]
まいさん・・・本当に本当にお疲れ様でした。
会社で読み、家で今じっくり読ませていただきました。
涙が止まりません。
胸が苦しくなります。
でもまいさんを始め現地で頑張っているみなさんはもっと苦しい思いをしているんですよね。
そして一番苦しいのは犠牲になったわんこ達・・・。
まいさんのレポートから熱い思いや優しさが伝わってきました。
ありがとうございました。
【2006/10/11 22:50】 URL | かじゅ #-[ 編集]
まいさん、はじめまして。
ボランティア、お疲れ様でございました。
とても詳しいレポートで、とても参考になります。
ありがとうございました。

私のブログでも紹介させて頂きたいのですが、ご指定のアドレスから、リンクをはらしてもらっていいでしょうか?
よろしくお願いします。
【2006/10/11 23:08】 URL | モモ #-[ 編集]
お帰りなさい♪おつかれさまでした☆
まいsanのレポ見て自分は時間に余裕がめっちゃあるんで、行きたい!!!行って少しでもお手伝いしたい!!!そぉ思いました。
でも、行くだけ行ってもホテル代までは余裕がないんでなかなか踏み切れません↓↓
それでもできるだけ行けるように前向きに考えてみたいと思います!!!
【2006/10/11 23:49】 URL | たヵし #kohoN8Mk[ 編集]
初めまして。
現場の様子がよくわかり、とても辛い内容で・・正直言葉が見つかりません。
何度も無理な繁殖をさせられていたなんて・・・犬をまるで道具扱い。。。
本当に許せません。
より多くの人に知ってもらい2度と同じことが繰り返されないように願っています。
ご指定のアドレスを私のブログで紹介してもよろしいでしょうか?
もちろん別カテで紹介させていただきます。
よろしくお願いします。
【2006/10/12 00:26】 URL | キャオリン #P0vgGwAM[ 編集]
>グラッセsan
長い文章読んで下さってありがとうございます。本当に、現実は想像以上に
色々と衝撃が大きかったです。状況(環境等)はカナリ改善されてますが
心の傷が大きい子も多くて。。。外の世界が怖いコも多いんですよね(;;)
当然、走る、というコトを知らない子も。。。 人手が足りないのを判りつつ
遠方に住んでるのがもどかしいです。。リンクありがとうございます。また行った
際には引き続きレポをUPしたいと思っております。

>ちくわぶchan
私はバンキシャとか見たかったけど、見れてないの。でも、何となく想像付くと
いうか。。ヒドイ現実が浮き彫りになったんだろうなって思います。お礼を
言われるよーなコトは本当に何もしてないのよー。そんな風に言ってくれてありがとう。

>ビンママsan
来て下さってありがとうございます。運転は全然大丈夫だったんですけど、
精神的にはツライというか、、、胸が痛いな、、と感じる事が多かったです。
お礼だなんて、とんでもない。お互い出来範囲での協力を続けましょうねー(^^)

>meiさん
いえいえ、2日しか参加出来てなくて、ホント全然頼りない私なんです。ただ、
meiさんの様に私も行く前は知りたいことが多かったので、なるべく判る範囲では
詳しく…と思って書きました。(長くなりすぎましたが:笑)
また、行けた際には引き続きレポをUPして行きますね。遠方なので少し先に
なってしまいそうですが。。。絶対にまた行きます。はい。

>まだら♪san
本当に色々…私も何が正しくて何が間違いなのか、改めて自分に問う事が多いです。
お礼だなんて、とんでもない。こちらこそ長文読んで下さってありがとうございました。

>犬やかんsan
判りやすい、と言って頂いて本当にありがとうございます。伝わるかどうかが
不安でしたが、こんなレポで良ければリンクは大歓迎です。ありがとうございます。
勿論問題なんてないですよ^^ 長い文章なのに読んで下さって嬉しかったです。

>ナナパパsan
初めましてこんにちは(^^) 読んで下さってありがとうございます。全く不都合なんて
ありません。リンクして頂けて嬉しく思っております。確かに、週末よりも平日の手が
足りないと思いますので、行ける機会があれば是非平日に。。と思いますが、どうか
無理はなさらないで下さい。まだ長期になるであろうレスキューです。ナナパパさんも
ご自愛下さいね。後ほどご挨拶にもお伺いさせて頂きます。

>でん助san
こちらこそありがとうございます。北海道ですか。。確かにそれは遠いですよね。。
でも、今はネットが繋がる分、こうやって現地の情報も知って頂ける、、それは
とても有難い事だと思っています。是非、紹介して頂けますよう宜しくお願い致します。

>koba-kobaさん
初めましてこんにちは。こちらこそ長い文章読んで下さってありがとうございます。
ワンコちゃん達は本当に皆イイコでした。イイコ過ぎて申し訳ない気持ちでイッパイ
でした。私の文章で良ければ是非リンクをお願い致します。北海道は確かに遠い
です。また行けた時にはレポをUPさせて頂きますね。ちょっと先になりそうですが(><)

>かじゅsan
何度も読んで頂けたんですね、ありがとうございます。本当に、生き延びたコが
どうやって頑張って来たのか。。。考えただけで切ないです。私は多分そう優しい
人間ではないのですが、、彼らの純粋な目を見ると本当に優しいキモチになれ
ました。これからも、可能な範囲での支援を続けて行きたいと思っています。

>モモsan
ありがとうございます。参考になるだなんて言って頂けて感激です。リンクは全然
問題ないです、むしろ、貼って頂けたら嬉しいです。是非宜しくお願い致しますm(_ _)m

>たカしkun
読んでくれてありがとですー。そなのよね、、行くとしても交通手段がまた悩ましい所
なんです。(本当に山奥。遠すぎる) 車で行くほうが懸命だと思います。(泊まれるし)
でも、無理せず行かなくても支援は出来ると思うので、、お互い可能な範囲で
これからも頑張りましょうね(^^) もしも行かれるのであれば平日をオススメします!

>キャリオンsan
文中に書いてあるアドレスにリンク貼って頂ければ、リンクして頂けるのはむしろ嬉しい
です(^^)ありがとうございます。 私もダックスを飼ってるのでついついダックスちゃんに
目が行ってしまうのですが、、、他の犬種より数が多いので繁殖で増えたんだろうな
と容易に想像するコトが出来ました。皆幸せになって欲しいです、本当に。。。 
【2006/10/12 00:59】 URL | まい #-[ 編集]
はじめまして。
私もこの事を知ってからは、毎日気になって仕方ありませんでした。
そこにいるワンちゃんのことを考えただけで、涙が出る毎日でした。
でも、思っていた以上にまいさんのような心優しいボランティアの方が駆けつけてくれているようで、とても嬉しく思いました。
(行けない自分が悔しくもあるのですが・・・)

広島にいるワンちゃん達が、一日でも早く元気になって、いい飼い主さんにめぐり合える事を望むばかりです。

ボランティア活動、そのレポートありがとうございます。
【2006/10/12 11:59】 URL | LOVETOMMY #-[ 編集]
はじめまして。
こちらの記事を読んで胸がつまりました。
自分にできることから、と周囲の人達にこのことと、こちらの記事を紹介させていただきました。
行けない距離ではないので現在車の運転の練習に入るところですが、運転ができるようになってまだボランティアを必要としているなら行きたい……
と考えています。
【2006/10/12 12:33】 URL | きゃっしぃ #xH4FHwQ.[ 編集]
はじめまして。
ブログで、ぱーくの様子を伝えたいと思い、こちらをリンクさせていただきました。
わたしは支援金を振込むくらいしか出来ませんが、
今後もワン達のために、頑張って下さいネ!!
【2006/10/12 16:28】 URL | Mako #-[ 編集]
コメント、どうもありがとうございます。
7日、ご一緒しましたね!
昼過ぎから、青いカッパ着て、のっそり現われた夫婦です(笑)。
当日は、てきぱきと指示していただいて、ありがとうございました。

こんなに詳しいレポ、すごいですね!
ぜひ、私のブログにも、リンクさせてください。
まいさんのに比べたら、私のレポート、軽すぎるなぁ・・・・(恥)

ま、でも、私は広島在住なので、
できれば 毎週、お手伝いに行こうと思っています。
また、現地でお会いできたら、
今度はもっと お話したいです(*´ェ`*)ポッ

【2006/10/12 19:16】 URL | ルリ #-[ 編集]
>LOVETOMMYさん
本当ならもっと行きたいのですが、、、毎週行くことは出来なくて、、、広島の
方等で何度も参加されてる方へは私もただただ感謝しています。でも、遠方でも
お手伝い(支援とか呼びかけとか)出来ますものね♪お互い、出来る範囲で
頑張りましょうね(^^) また行った際にはレポさせて頂きます。

>きゃっしぃsan
紹介頂いてありがとうございます。今練習されてるのですね(^^)多分、あの
場所は冬になると(冬まであの場所にいるのかしら?)スタッドレスタイヤが絶対
必要になる場所だと思うので、もし行かれるようであれば是非雪が降る前を
オススメします(^^) お逢い出来たらお話させて下さいね♪

>Makoさん
リンクありがとうございます。私も遠方なので週末ごとにはいけなくてもどかしいですが
出来る範囲でこれからも支援して行きたいと思っております。。。にしても
こゆ管理がずさんだったりする虐待事件、、て、なくならないですよね。。。(TT)

>ルリsan
リンクありがとうございます。というか、当日はスミマセン(^^;
丁度ルリsanご夫妻がいらした頃?その前後どっちだったかな?
リーダーさんが場所を離れる事があって、「お掃除とバリケンの取替えを
皆さんに伝えて一緒にやって行って下さいー」と言われていたので、
バシバシとお願いしてしまいました。。態度デカかったですよね。。スミマセン(TmT)
また是非行きたいです。私、平日行きたいのはヤマヤマなのですが仕事も
あるのでやはり週末になりそうで。。でも週末だとルリさんご夫妻にお逢い
できるかな?また是非宜しくお願い致します。今度はもっと低姿勢に行きます(笑)
【2006/10/12 19:57】 URL | まい #-[ 編集]
すべて読ませて頂きました。
とても分かりやすく 今後も訪問させて頂きます。

ボル含め5頭の多頭飼いしてます。
支援金送金の後
9日に ボラに入り 次回は16日に 現地入りの予定です

ボラ最中は 目先しか見れなくて こちらでじっくりと拝見させて頂きました。

次回のボラの 参考になり ありがとうございました。

リンクさせて頂きました。

【2006/10/12 23:32】 URL | クリスママ #-[ 編集]
まいさん、先週は本当に本当にお疲れ様でした。まいさんにお声掛け頂いて、ご一緒できてとても心強かったです。長時間ドライブ、ずっとお任せっきりですいませんでした・・。
あの2日間のことは一生心に留めていきたいと思います。
あんな酷い状況を耐えて一生懸命に生きているわんたちに逆に勇気づけられた気がします。
亡くなった子たちのことを思うと今も泣けて仕方がないですが、きっと生まれ変わったら今度こそ幸せな犬生が歩める、そう信じてみようと思います。
広島にいる480頭のわんたちにいい里親さんが見つかるよう、私も引き続き支援していきますね。今後とも宜しくお願いします!!
レポート、拝読しました。これだけの詳細レポがあれば、今後ボランティアに参加される意思がある方にも役立つと思います。
【2006/10/13 00:13】 URL | *Waka* #-[ 編集]
>クリスママsan
読んで頂いてありがとうございます。最初、ボルって何の意味だろう…と思って
オットに「ボルってのは何の犬種の略だと思う?」と聞いたら「ボルゾイ」と
言われ、やっと、「あー!!ぼるchan!ナルほど!!」と理解しました(^▽^;
B犬舎にボルちゃんいましたものね(^^)あのコも本当に可愛いコでした。
次回行ったら是非写真撮って来ようと思っています。これからも宜しくお願いします。

>wakaさん
こちらこそ、本当にお世話になってありがとうございました。お風呂、wakaさんが
気を利かせて下さらなかったら入れてなかったです(T▽T)本当にありがとう
ございました。私、11月は行けたら2回行くつもりです。もしまたお会い出来ま
したら是非色々お話させてくださいね♪私こそ一緒に行って頂いたのがwakaさん
とeriさんでよかったです。これからもお互い出来る事を頑張りましょうね♪♪
【2006/10/13 13:48】 URL | まい #-[ 編集]
レポート大変参考になりました。
ちょうど物資を送ろうかと思っていたところなんですが、今は物資よりも募金の方がいいということがわかりました。
募金先もいろいろ情報が錯綜しているようですが、自分で見極めてちゃんと募金しますね。

最後に写っていたキャバリアがとっても気になりました・・。やっぱり自分の身近な犬種を目にするとどうしても・・・。
【2006/10/15 11:25】 URL | スーさん #erGhW.Bo[ 編集]
はじめまして。
レポート何度も読ませていただきました。
事後報告で申し訳ありませんが、リンクもさせていただきました。
我が家にもキャバがおりますので、最後のキャバちゃんの写真を見ると胸が苦しくなります。
譲渡会で優しい人に出会える事を祈ってやみません。。。
【2006/10/16 16:13】 URL | ペコの母 #Kdsfqyww[ 編集]
>スーsan
長文読んで頂いて、ありがとうございます。物資は一時的に足りないものが出ても
すぐまた集まってその物資は必要なくなったり…という風に変化してますので
出来ればお金の方が良い気がします。(先月はうちも支援金以外にも物資を
送りましたが、今月は支援金のみにする予定です) キャバちゃんはね、本当に
オッパイが大きくて可哀相な位でした。。。 とってもイイコだった分悲しかったです。

>ペコの母san
何度も読んで下さったんですか?ありがとうございます。
リンクもありがとうございます。やっぱり同じ犬種を見るとどうしても気になるし、
悲しくなりますよね。。 あのコは本当に大人しくて、でもオッパイが本当に大きくて
何回出産させられたのかな。。。って悲しくなりました。譲渡会で素敵な里親さんに
巡り会える事を願っています(;;)
【2006/10/18 14:30】 URL | まい #-[ 編集]
はじめまして。名古屋の動物の専門学校に通ってぃる18歳です。動物看護士になりたくて頑張ってます。私もボランティアの活動に参加したいと思っているのですが、泊まるとこゎあるか、などどうやって行こうかなど持っていくものとかいろいろゎからない事があります。ボランティアに関していろいろ教えてほしいです。ょろしくです★
【2006/10/30 22:25】 URL | ちぃ #-[ 編集]
>ちぃsan
もし宜しければmixiなどに参加して頂ければ
このボランティアの話などについて詳しく載っている
コミュニティがあります。是非一度読んでいただけたら、、、と思っております♪宜しくお願いします。
【2006/10/31 10:54】 URL | まい #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。